光触媒を利用した空気清浄機とは?どんな効果が期待できるのか?

公開日:2023/04/15

最終更新日:2023/03/03


空気清浄機は、汚れた空気を防塵フィルターなどに通し、空気をきれいにします。合わせて光触媒を利用すると、ウイルスを除去することが可能なので、抗菌・防臭などの効果が期待できます。ここでは光触媒を利用した空気清浄機とは何か、どんな効果が期待できるのかをご説明します。

そもそも光触媒とは

光触媒とは、太陽や蛍光灯などの光エネルギーを吸収することでほかの物質に化学反応を起こす物質のことです。

代表的なものとして、酸化チタンがあげられます。近年では酸化チタンのほかに、酸化タングステンというものも台頭しています。酸化チタンに光を当て触媒作用を起こすことで、活性酸素が生まれ、活性酸素に接触したウイルスや有機化合物が死滅、不活化するのです。光触媒で期待できる効果は、抗菌・抗ウイルス、防汚、防臭、大気浄化などです。

とくに、抗菌・抗ウイルスに効果を発揮するとなれば、ウイルス感染予防に役立つアイテムであるため、感染防止の除菌スプレーなどでも使用されています。また、家の外壁や壁紙にもコーティング剤やコーティングスプレー、消臭スプレーとして使われ、防汚・防臭効果に役立っています。

光触媒を利用した空気清浄機の仕組み

酸化チタンや酸化タングステンの効果は半永久的に持続しやすい特徴を持っています。そのため光触媒は、感染予防対策として使われている空気清浄機にも利用されています。光触媒の酸化作用を利用して菌を死滅したり、においを分解したりすることで、除菌や消臭ができます。機器の内部に酸化チタンや酸化タングステンを加工し、内部にライトを装備し、光を当てるという仕組みの空気清浄機もあります。

また、機器外部にタイルなどを使い、光触媒を行うことで、表面の汚れに対しても防汚効果があるため、清潔にすることが可能です。さらに、空気清浄機の内蔵フィルターにも光触媒されているため、ほこりや菌などを集めて分解し、除去ができます。これにより、フィルターを繰り返し利用できます。

光触媒を利用した空気清浄機の効果

光触媒を利用している空気清浄機には、今まで一般的に使われている空気清浄機にはない効果があります。どんな効果があるのか解説します。

経済的である

一般的な光触媒を使わない空気清浄機のフィルターは、菌やウイルス、においが付着するため、買い替えが必要となります。

しかし、光触媒を利用した空気清浄機に使われているフィルターは、セラミックフィルターが一般的に使われています。このフィルターは水洗いができ、繰り返して使うことが可能です。そのため、フィルターを買い替える必要がありません。長期間利用でき経済的といえるでしょう。

薬品や紫外線を使わない

光触媒は酸化チタンや酸化タングステンを原料とした素材を使用しています。これは、植物が光合成により、二酸化炭素と水から酸素とデンプンを作る原理と同じであるため、環境にやさしい構造となっています。このため、有毒な薬品や紫外線を使用しません。

ウイルスを除去できる

一般的に売られている空気清浄機は、空気中の目に見えない不純物を取り除き、フィルターに菌やウイルス、ハウスダスト、においの元などの物質を吸着しています。吸着された物質は、そのまま空気清浄機内に蓄積されてしまうため、定期的にフィルターを交換することが大切です。

一方、光触媒の空気清浄機は、ハウスダスト、花粉、カビ、ペット・タバコの臭い、ウイルス、細菌などいろいろなものを化学分解して除去するため、完全に死滅させることができます。においの原因になる物質を分解し、いやな臭いをさせません。光触媒の空気清浄機はとくに、換気が難しい病院、介護施設などに向いています。

無害である

光触媒がない空気清浄機だと、空気中のほこりや菌、花粉などが内部のフィルターに蓄積されます。この蓄積されたものがあふれて、外部に出てくる可能性があります。しかし、光触媒の空気清浄機は完全に除去してくれるため、蓄積されず外部に放出することはなく、安心して使い続けられます。

新型コロナ感染予防対策として

光触媒の空気清浄機には、新型コロナウイルス感染のリスクを低くする効果があるといわれています。光触媒はウイルスにも効果があるため、ウイルス、細菌などを少なくするために光触媒の空気清浄機を設置しているところが増加傾向にあります。

防カビ効果がある

加湿機能を備える空気清浄機は、内部にカビが発生する可能性があります。しかし光触媒の空気清浄機であれば、光を当てることで発生する活性酸素がカビを分解してくれるため、カビの繁殖を防ぎ、清潔を保つことが可能です。

まとめ

ここまで光触媒を利用した空気清浄機について解説しました。近年では病院や介護施設のみならず、新型コロナウイルスの感染を防ぐために、さまざまな公共施設などでも空気清浄機が設置されています。目に見えないウイルスや菌、ほこりから自分を守るためにも、光触媒の空気清浄機の使用を検討してみてはどうでしょうか。

おすすめの業務用空気清浄機5選!

イメージ
会社名ナノシードα(ダイオーズ)プラズマクラスター搭載 空間清浄機 クリア空感 大型(ダスキン)あまつかぜAC-15(アマノ株式会社)ナノドロン(ナノドロンジャパン)業務用 ジアイーノF-JDS70(Panasonic)
特徴独自の技術力と水溶液成分A2Care、2つの力がもたらす圧倒的に優れた作用浄化・集塵・脱臭を丸ごと解決!頼れるプラズマクラスターで空気を改善!圧倒的な風量と深紫外線UV-Cで空気を浄化、快適空間への一歩は空気質改善から!「森の空気」を実現!最高の技術で生み出した澄んだ空気を届ける空気清浄機生成された新鮮な次亜塩素酸が除菌・脱臭に高い効果をもたらす空間除菌脱臭機
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索